本文へスキップ

有限会社丸新商店は、皆様のくらしのパートナーです。

TEL. 049-281-0655

〒350-0234 埼玉県坂戸市緑町14−4

LPガスの保安についてSERVICE&PRODUCTS

LPガスを安全に

○○○○○○○○イメージ

【LPガスの保安業務】

LPガスの保安業務として、「液化石油ガス法」で定められているのは
以下の通りです。

  1. 供給開始時点検・調査
    ガスの供給を開始する際には、器具も含めた設備全体の点検・調査を
    行います。
  2. 容器交換時等供給設備点検
    LPガス容器の交換時にLPガス容器やその周辺設備の点検を行います。
  3. 定期供給設備点検
    LPガス容器からメーターまでの供給設備の点検を行います。
    4年以内に1回行います。
  4. 定期消費設備調査
    ガス器具、給排気、ホース、配管など消費設備の調査を行います。4年以内に1回行います。
  5. 周知
    定期的にパンフレットなどにより事故防止のための注意喚起を行います。年1回(または2年に1回)実施します。
  6. 緊急時対応
    お客様から災害発生やガス漏れなど緊急の連絡を受けたとき、お客様宅に迅速に出動して適切な措置を行います。
  7. 緊急時連絡
    お客様からの緊急の連絡に対して24時間常に対応し、適切な指示や助言を行い、必要に応じて保安機関への出動要請を
    行います。

保安業務は、お客様がLPガスをお使いいただくにあたり、その安全性を維持するために必要なものです。
ご理解、ご協力お願いいたします。


○○○○○○○○イメージ

【LPガスの安全器具】

マイコンメーター
現在LPガスをご使用のご家庭に設置されているガスメーターは、コンピュータを搭載しており「マイコンメーター」と呼ばれています。
マイコンメーターはガスの流れや圧力を常時チェックし、異常と判断したときは
ガスの流れを遮断、または警告を表示します。また、ガスを使用中に震度5以上の揺れを検知した場合もガスを遮断します。
なお、マイコンメーターの有効期限は計量法で10年となっております。

ガス警報器
ガス漏れを検知し、ブザーなどでそれを知らせます。
LPガスは空気より重く、ガス警報器は部屋の下部に設置する必要があります。また、正しく機能させるには、警報器の前に物を置くなどはしないでください。
なお、警報器は有効期限が5年となっております。

CO警報器
ガス漏れとともに注意が必要なのが、不完全燃焼によるCO(一酸化炭素)中毒です。
換気が不十分なときや、ガス器具の不具合などで不完全燃焼が発生したときにそれを検知します。


○○○○○○○○イメージ

【ガス器具の安全装置】

ガスコンロ
平成20年4月より、製造されたすべてのバーナーにSiセンサーが搭載されています。これは鍋底の温度を検知し、火災の恐れのあるてんぷら油の過熱や、立ち消えや消し忘れのとき安全にガスを止めたりします。

ガス湯沸かし器・給湯器・風呂釜など
屋内使用機器には不完全燃焼防止装置が搭載されていて、ガスの不完全燃焼によるCO中毒を防止します。(※古い機器の場合、不完全燃焼防止装置が搭載されていないことがあります。古い機器ほど不完全燃焼を起こしやすくなり、非搭載機種はより危険なので買替を推奨します。)
ほかにも「空焚き防止機能」などの安全機能が備わっています。


バナースペース

有限会社丸新商店

〒350-0234
埼玉県坂戸市緑町14−4

TEL 049-281-0655
FAX 049-284-5609